ヒアルロン酸注射でふっくらとした若々しい肌に

肌のエイジングサインは加齢の始まり

肌のエイジングサインには様々なものがありますが、私が悩んでいるのはたるみ毛穴と乾燥小じわとほうれい線とマリオネットラインです。
20代までは考えもしなかった肌のエイジングサインですが、30代になった途端にあらわれました。
エイジングサインが出始めた当初は、さほど気にしていませんでした。
毎日基礎化粧品でスキンケアをしていればいつか無くなるだろうと、エイジングサインを軽視していました。
しかし、年齢を重ねるにつれてどんどん症状が顕著になってきて焦りや危機意識を抱くようになりました。
そのときにエイジングケアの必要性を始めて実感し、同時にもっと早めにエイジングケアを始めておけば良かったという後悔もありました。
私がエイジングケアの必要性を感じるきっかけとなった具体的な症状としては、加齢によるコラーゲンの減少や表情筋の衰えで皮膚が下がりそれにつられて毛穴が縦長に伸びた状態で開く、たるみとむくみが合わさりフェイスラインがぼやけて顔が一回り大きく見える、口を大きく開けたり笑ったりするとほうれい線や目尻の小じわやマリオネットラインが深く刻まれなかなか消えない、ファンデーションがしわに入り込んだり毛穴落ちしたりするのでベースメイクをすると老け顔になる、目元のハリ感が失われたことで目の下のクマや頬骨の出っ張りが目立ってしまう、目元の皮膚がたるみアイライナーが引きにくいなどがあります。

エイジングケアは先手必勝!初期のエイジングサインとなるポイント9

・時間が経つとファンデーションがしわに溜まるようになった
原因:しわが深くなっている・乾燥・口周りの筋肉の衰え

— AMERI (@ameri_matsuiku) 2017年8月21日

肌のエイジングサインは加齢の始まり | セルフメンテナンス・エステの限界 | 美容皮膚科のエイジングケアで若々しさを取り戻せた

ヒアルロン酸 注射 / 大阪柏原市の皮膚科